カワイオフィシャルブログ 材木屋2代目後継者奮闘記

ICOI不動産の松下です。

今回の不動産に関する豆知識は第8回目の【土地境界確定】の続きとして、誰が何をするのか?をテーマにしていきます。

基本的に境界確定は土地と土地が隣り合う者同士、(官民・民民)で境界を確かめ同意していきます。

しかし、同意をするにも根拠が必要になります。根拠の一つとして境界杭・境界標・隣同士でブロック塀の中心が境界と同意した書面などがあります。しかし、杭もプレートなどもない場合はどうしたいいでしょうか?

通常こういった場合は、『土地家屋調査士に依頼をし土地の測量をしてもらいます。土地家屋調査士は、公図や現存している杭や境界標をもとに測量をし図面を作成し境界位置をだします。

土地家屋調査士をいれないで境界位置をきめる場合もあるようですが、トラブル防止の為も土地家屋調査士に依頼することをお勧めします。

※ICOI不動産では毎年3回、無料で士業専士相談会(司法書士・行政書士・土地家屋調査・税理士・宅地建物取引士が一度に揃う)を開催しています。境界に関するご相談もよくある話です。悩んでいても何も解決しませんの是非一度ご相談下さい。次回開催予定日は11月26日(日)です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆

ICOI不動産は地域の皆様のつながりを大切にし、不動産を通じて住みやすい街づくりに貢献していきます!!

土地・建物の売買のご相談はICOI不動産まで!!秘密は厳守いたします!!

不動産の買い取りも強化中!!

フライヤー裏.jpg

お問合せ先 TEL:0539-62-9200 FAX:0539-62-9116 まで

お気軽にお問合せ下さいね!!

2017年8月28日 14:56 | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.kk-kawai.com/mt-tb.cgi/1227

コメントする